↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
『民間医局』は医師・医学生に役立つ情報を提供しています
医学生向けの「医師国家試験対策コース」
医師向けの「認定内科医資格認定試験コース 」
医療ニュースや医療過誤判例集などすべて無料で利用可能☆

このページは儲けるためのネット証券利用法を応援しています


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

医療費「5年で5千億円削減」

 経済財政諮問会議の民間議員が厚生労働省に示す医療費の削減案が明らかになった。後発医薬品(ジェネリック医薬品)を今の2倍に普及させると、5年間に5000億円の医療費が削減できるとしている。

 民間議員は15日の同会議で社会保障について提言し、医療コストの削減に伴う財政効果を試算として示す。それによると、後発品の普及率を現在の16.8%(04年度)から30%に拡大すると医療費の削減額は5000億円、ドイツ並みの40%にすると8800億円の削減が可能だとしている。また、公立病院の運営で、収入に占める人件費の割合を現在の54.5%(05年度)から、民間病院並みの52.1%に引き下げると、5年で1400億円の医療費削減効果があるとしている。

 政府は昨年の骨太方針で国と地方の社会保障費を5年で1.6兆円削減する方針を決定。現在、厚労省が具体的な削減策を検討している。15日は柳沢厚労相も後発医薬品の倍増目標などを盛り込んだ医療・介護分野の効率化計画を示すが、削減額は明示しない方針だ。



2007年05月15日 朝日新聞



ジェネリック薬品による医療費削減はすばらしい案だと思う


しかし、人件費を削減すると言う案はどうなのだろうか?




無駄に事務員がいるというならば話は別ですが

医療従事者に関して言えば

公立病院も人手が足りなくて

限界になりつつあります。



国は医療費を削減するという一方で

医師、看護師を増やせと要求してくる


相反するような内容を

どうやってこなせというのだろうか?


事実、研修医を多く受け入れている公立病院の中には

研修医が1人で当直しているところが多数ある。


2年目になると1人当直だという友人を何人聞いたことか…


たいていが、中規模の公立病院である



新しい研修制度では

1人当直も禁止になっているはずだが

公立病院の方が率先して違反している感じ


監査がないからだろうな…


別に1人当直が悪いというわけでないけど

公立病院が違反行為を行えば

他の病院に示しがつかないのではないか。


国が新しく設定した制度には

優先的に利用できるというメリットまであるというのに…

そのような不誠実な行為が

医療全体に悪影響を導くこともあるのではないかと疑問に感じることもある。

スポンサーサイト



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【2007/05/15 06:56】 | チェックニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<病院経営 商社が指南 | ホーム | 研修医の4割、「過労死ライン」を超す時間外労働>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://med4.blog62.fc2.com/tb.php/328-f2c1628e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。