↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
『民間医局』は医師・医学生に役立つ情報を提供しています
医学生向けの「医師国家試験対策コース」
医師向けの「認定内科医資格認定試験コース 」
医療ニュースや医療過誤判例集などすべて無料で利用可能☆

このページは儲けるためのネット証券利用法を応援しています


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

大脳皮質形成の仕組み発見 理研、慶大など

『 理化学研究所(埼玉県和光市)や慶応大などの研究チームは8日、記憶や思考など脳の高次の機能をつかさどる大脳皮質を形成するために必要な酵素が働く仕組みをマウスで発見したと発表した。

 この酵素の作用で働くタンパク質が分かれば、記憶や学習を助ける薬の開発などに応用できる可能性があるという。

 理研脳科学総合研究センター研究員だった大島登志男早稲田大教授(分子脳科学)によると、哺乳類の胎児の大脳皮質では、内側で増殖した神経細胞が外側に向かって順に移動。神経細胞自体も当初は未完成な姿だが、移動中に細長く伸びて成熟した姿に近づき、生後、大脳皮質に規則正しい6層構造が形作られる。
西日本新聞)』



このニュースを見たときに

アルジャーノンに花束を / ダニエル キイス、小尾 芙佐 他

を思い出してしまった。


ドラマ化もしていたから

ご存じの方も多いでしょうが

知的障害のチャーリィ・ゴードンが天才になる手術を受け

天才になるが、苦悩の日々を迎えるようになる…

(うわ~すごい適当なあらすじにしちゃったよ…)



いやいや

話がずれちゃった。



なんとなく

もう、そのような天才が作られる時代になってきちゃったのかなってふと思った。


でも…


小説では、天才になったことでチャーリィ・ゴードンは不幸になっちゃうんだよな…(確か…)



スポンサーサイト



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【2007/05/08 22:52】 | チェックニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<脳梗塞治療、水素が効果 | ホーム | 妊娠中薬服用正しい知識を 相談業務全国拡大>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://med4.blog62.fc2.com/tb.php/304-eb05843e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。