↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
『民間医局』は医師・医学生に役立つ情報を提供しています
医学生向けの「医師国家試験対策コース」
医師向けの「認定内科医資格認定試験コース 」
医療ニュースや医療過誤判例集などすべて無料で利用可能☆

このページは儲けるためのネット証券利用法を応援しています


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

妊娠中薬服用正しい知識を 相談業務全国拡大

『 厚生労働省は、妊婦や妊娠の可能性のある女性に対し、医薬品の服用が胎児へ与える影響などについて正確な情報を提供し、不安を解消してもらう相談事業を本格的に始めた。

 厚労省によると、妊婦が医薬品を服用する場合、胎児への悪影響が心配され、危険性を過剰に心配して医師が必要な薬物治療を控えたり、妊婦が自己判断で服薬を中止して母体の健康状態が悪化したりするケースが目立つという。

 そこで同省が2005年、国立成育医療センター(東京都世田谷区)に「妊娠と薬情報センター」を設置し、相談業務を試行したところ、風邪薬などに関する相談が年間300件程度あった。この経験を踏まえ、今年4月、他医療機関の協力を得て、業務を全国に拡大することにした。協力機関は仙台医療センター、筑波大病院、大阪府立母子保健総合医療センターなど5か所。

 希望者が「妊娠と薬情報センター」のホームページ(http://www.ncchd.go.jp/kusuri/)の問診票、相談依頼書を情報センターに郵送すると、センターか協力病院の外来で医師、薬剤師から説明が受けられる。
読売新聞)』



こんなサービスがあるんですね。。

確かに妊娠中の女性に使う薬には悩みます。


うちの病院では

「妊娠中に使える薬剤」

などという薬剤部が作った冊子が外来の机の上に置いてありますが…



今のところ全国で5カ所のみなのですね。

もう少し全国的に広げてくれてもいいのにな…


手間暇がかかりすぎるのかな?

やっぱり…
スポンサーサイト



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【2007/05/08 22:38】 | チェックニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大脳皮質形成の仕組み発見 理研、慶大など | ホーム | BBQ好きの女性は乳がんに注意? 米研究でリスク高と>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://med4.blog62.fc2.com/tb.php/303-76216854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。