↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
『民間医局』は医師・医学生に役立つ情報を提供しています
医学生向けの「医師国家試験対策コース」
医師向けの「認定内科医資格認定試験コース 」
医療ニュースや医療過誤判例集などすべて無料で利用可能☆

このページは儲けるためのネット証券利用法を応援しています


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

パーキンソン病:国内初の遺伝子治療実施 自治医大病院

『 自治医大付属病院(栃木県下野市)は7日、パーキンソン病患者に国内で初めて遺伝子治療を行ったと発表した。病気は脳内の神経伝達物質ドーパミンの減少で発病する。治療ではドーパミンの生成を促す酵素の遺伝子をウイルスベクター(運び屋)に組み込み、脳内の線条体に注入した。薬物への依存度や副作用が低い治療が期待できるという。

 中野今治教授(神経内科)らによると、発病後約11年が経過した50代の男性患者に、「L-アミノ酸脱炭酸酵素(AADC)」の遺伝子を注入した。この治療法は米国で6例実施され、重大な副作用は確認されていないという。同病院は今後、6カ月かけて安全性と効果を検証する。

 同病は手足の震えなどを引き起こす。進行すると転倒しやすくなり、最後には寝たきりになる。国内の推定患者数は約12万人。従来は「L-DOPA」と呼ばれる薬を服用してドーパミンに変換させる薬物療法が行われてきたが、症状が進行した患者ではAADCそのものが不足し、薬が効かない難点があった。(毎日新聞)』


パーキンソン病の遺伝子治療も日本で行える時代になってきたんですね。


う~ん…

この当りの分野は苦手だな~


「L-アミノ酸脱炭酸酵素」


がどんな物質かいまいち理解していない。


アミノ酸であるチロシンが

ドパミン作動性ニューロンによって摂取され

チロシン水酸化酵素により3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン(ドパ)に転換され

次いで芳香性-L-アミノ酸脱炭酸酵素によってドパミンに脱炭酸化される。


つまり、L-アミノ酸脱炭酸酵素さえあれば

体内でドパミンを形成できるということでしょうか?


パーキンソン病はL-アミノ酸脱炭酸酵素欠損によるドパミン不足だったの?


わかったようでいまいちわかっていません。

う~ん…
スポンサーサイト



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【2007/05/08 00:32】 | チェックニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<看護師不足の解消を街頭で訴え…「看護週間」 | ホーム | もめ事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://med4.blog62.fc2.com/tb.php/299-50921c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。