↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
『民間医局』は医師・医学生に役立つ情報を提供しています
医学生向けの「医師国家試験対策コース」
医師向けの「認定内科医資格認定試験コース 」
医療ニュースや医療過誤判例集などすべて無料で利用可能☆

このページは儲けるためのネット証券利用法を応援しています


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

先天性聴覚障害

『早期対応で障害軽減も
 日本人の先天性聴覚障害の約2割が、胎児期のサイトメガロウイルス感染によるものであることが、厚生労働省研究班の調査で初めて分かった。

 先天性聴覚障害は新生児1000人に1人程度で多くは遺伝性だが、このウイルスの感染による発症の割合は不明だった。出生直後に感染の有無を調べておけば、補聴器や人工内耳など対策を早期に講じることができ、障害の軽減が期待できるという。

 サイトメガロウイルスは、多くの人が母乳やつばなどで乳幼児期に感染する。病気で免疫力が低下すると増殖し、致命的な肺炎などを起こすが、健康な状態では悪さをしない。

 しかし、妊娠中の女性が初めて感染すると、胎児にウイルスが移り、免疫が未発達のため、聴覚神経の発達を阻害することがある。近年衛生環境の向上で、日本の感染者の割合は1973年の96%から、99年には78%に低下し、感染歴のない人が増えており、先天性聴覚障害児の増加が心配されている。

 研究班は福島県内の2歳以下で発症した聴覚障害児47人のへその緒を提供してもらい、胎児期に母親から感染していなかったか調べた。その結果、21%に相当する10人の感染が判明した。

 研究班主任研究者の大森孝一・福島県立医大教授(耳鼻いんこう科)は「従来の聴覚検査だけでは、発見が遅れやすい。出生直後に新生児の尿中のウイルスを調べて、聴覚障害が発症するリスクが分かれば、早期対応につなげることができる」と話している。

読売新聞)』


先天性聴覚障害を早期に発見した場合

言語を学習する適切な機会を与えられなければ、
言語、認知、社会性・情動性の発達が同年齢小児より遅れ、
その結果、成人後の教育レベルや雇用レベルが低くなると言われています

出来ることならば生後6ヶ月以内に行わないといけないとか…


どのようなトレーニングを行うか…
ちょっと知らない…

小児科を回るときに勉強しないとな…
スポンサーサイト



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【2007/04/26 22:30】 | チェックニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<往診 | ホーム | がん専門医不在>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://med4.blog62.fc2.com/tb.php/272-18b51eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。