↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
『民間医局』は医師・医学生に役立つ情報を提供しています
医学生向けの「医師国家試験対策コース」
医師向けの「認定内科医資格認定試験コース 」
医療ニュースや医療過誤判例集などすべて無料で利用可能☆

このページは儲けるためのネット証券利用法を応援しています


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

細菌性髄膜炎:ワクチン早期導入を 被害者の親ら国に要望

『 乳幼児に感染すると死亡に至る恐れもある細菌性髄膜炎の被害者の親らでつくる「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」(田中美紀代表)は16日、ワクチンの早期導入や定期接種の制度化などを求める5万9000通の署名を厚生労働省に提出した。

 細菌性髄膜炎は、脊髄(せきずい)を覆う髄膜に細菌が入り炎症を起こす。治療が遅れると脳や手足に障害が残り、死亡することもある。4歳未満の乳幼児に起こり、年間約1000人の感染報告があり、5%が死亡し、20%に後遺症が残るという。

 ワクチンの1種は現在92カ国で定期接種されるなど普及しているが、日本では今年1月に承認されたものの、供給体制が整うのは今年末とみられている。生後5カ月の長男が感染した田中さんは「予防の手立てがあったと後で知り、悔しい思いをした。一刻も早く導入してほしい」と訴えた。(毎日新聞)』


細菌性髄膜炎、小児科の領域で見落としてはならない疾患…


国試のときに必死に覚えた記憶がある。

個人的にはまだ見たことはありません。


数ヶ月前に友人の研修医が当直の時に来たらしい

うちの病院の小児科で入院したそうだ


今は無事に退院したみたい。


よかった。よかった



それにしても親は偉大ですよね。

ワクチンの話も知らなかったです。

まだ小児科を回っていないもので…すみません。


勉強不足です…○| ̄|_


それが署名活動になり


国をも動かそうとする勢い


平成の米騒動だな…


ふと頭によぎる


やぱっり女性はすごいわ
スポンサーサイト



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【2007/04/16 23:39】 | チェックニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ノロウイルス:病院で76人感染、2人死亡 千葉・市川 | ホーム | 凍結卵子と凍結精子の体外受精で男児を出産、米国初と>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://med4.blog62.fc2.com/tb.php/256-67ee5141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。