↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
『民間医局』は医師・医学生に役立つ情報を提供しています
医学生向けの「医師国家試験対策コース」
医師向けの「認定内科医資格認定試験コース 」
医療ニュースや医療過誤判例集などすべて無料で利用可能☆

このページは儲けるためのネット証券利用法を応援しています


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

保存精子で死後生殖 公表…04年に出産

『根津院長 禁止の指針決定直前
 病気で夫を亡くした西日本の30歳代(当時)の女性が、凍結保存していた亡夫の精子を使って体外受精で妊娠し、2004年に出産していたことを、諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)の根津八紘(ねつやひろ)院長が11日、明らかにした。

 凍結精子による死後生殖は、裁判で3例確認されているが、実施した医療機関が公表するのは初めて。日本産科婦人科学会は14日の総会で、死後生殖の禁止も新たに会告(指針)に盛り込む方針で、死後生殖をめぐる議論が活発化しそうだ。

 根津院長によると、今回の死後生殖は、02年に女性と亡夫の母から申し出を受けたのがきっかけ。亡夫は不妊治療の一環で精子を、別の医療機関に保存していたが、採取から間もなく病気で急逝した。その精子を持ってきてもらい、妻の卵子と体外受精させた。その受精卵を女性の子宮に戻し、03年に妊娠、翌04年に別の医療機関で1人の子供を出産した。子供の性別などの詳しい情報は明らかにされていない。

 根津院長は、死後生殖の実施前に、独自の指針を策定した。指針では「生前、夫が死後生殖に同意している」ことを条件としているが、夫が急死し、女性が強く希望したことから、夫婦間で暗黙の了解があったと判断した。

 根津院長は、子供の福祉の観点から、子供と亡夫の親との間で養子縁組をするよう要請したという。

 死後生殖は、過去にも西日本の40歳代女性が、夫の精子の保存先の病院に夫の死を知らせずに精子を受け取り、別の病院で体外受精を実施して、01年に男児を出産した例がある。この女性は、男児を亡夫の子として出生届を提出したが、受理されなかったため、認知を求めて提訴した。

 高裁では、夫の生前同意があったとして父子関係を認めたが、最高裁は、06年9月、現行の民法は死後生殖を想定していないとして訴えを棄却。法律上の父子関係は認めなかった。同様の訴訟2件も訴えを退けた。

 根津院長は「『主人の子が欲しい』『後継ぎが欲しい』という、目の前にいる女性やしゅうとの希望をかなえるのが医師の役目だ。学会の会告は内規に過ぎない」と話している。

 ◆法整備遅れ、問題提起

 [解説] 根津八紘院長が、公表に踏み切ったのは、夫が亡くなった場合に凍結保存された精子は廃棄し、死後生殖を禁ずるとする日本産科婦人科学会の会告の決定に抗議するためだ。根津院長は「生命倫理の問題は、国民的な議論が必要で、学会が会告で決めるような問題ではない」と強調し、問題提起の意味を込めたと語る。

 日本には生殖補助医療に対する法規制がない。厚生労働省の専門部会が2003年、「遺伝上の親が出生時から存在せず、子の福祉の観点から問題」などとして、死後生殖を認めないとする報告書をまとめた。その後、立法化の議論はストップしたまま。日本学術会議は今年1月から、生殖補助医療の法規制を含めた検討を始めたが、議論の中心は代理出産で、死後生殖の是非は後回しになっている。しかし、最高裁は、死後生殖の判決の中で「法整備が望まれる」との補足意見を付けた。

 死後生殖は米国や英国が容認する一方、ドイツやフランスは禁止するなど、海外でも意見が割れる。日本でも子を願う夫婦の意見などにも耳を傾けた議論が欲しい。(科学部 吉田昌史)

 ◆裁判で明らかになった過去の死後生殖

〈1〉2001年 凍結保存した亡夫の精子で体外受精し、妻が男児を出産。亡夫の子としての認知を国に求めたが、06年9月、最高裁が親子関係を認めないとする初判断

〈2〉2003年 がんで死亡した内縁の夫の凍結精子を使い、内縁の妻が出産。06年9月最高裁が認知請求を棄却

〈3〉2004年 死亡した夫の凍結精子を使って米国で体外受精した妻が出産。06年9月最高裁が認知請求を棄却
読売新聞)』



「亡き夫との子供が欲しい…」



そんな気持ちに答えてあげるのも医師である。


すごく納得できる気持ちがします。

遺伝子よりも大切なつながりがある!

その気持ちに反論する気はないけど

叶うならば

思い出やつながりを感じる子供の方が良いとも思う。


どっちが正しいかなど

今、この場で結論づけられないけど

法律で雁字搦めにする問題ではない

法律は、社会が乱れないようにするために必要ですが

特別な思いにも答えられるようにしてほしい。



想像してみて下さい。

近所の未亡人が

亡き夫の子供を妊娠して出産したとき

あなた自身になにか迷惑になることがあるのでしょうか?

その未亡人の

喜ばしい姿と子供の愛らしさに心癒されるのではないのでしょうか?


そっと幸せのために

ちょっとした配慮のある法律を作る方が

「美しい国」になりはしないかと思う。


ただ、意味もなく馬鹿の一つ覚えのように

「美しい国」と連呼することよりも

そういう配慮ある行動をとってくれたらなって思ったりしました。

スポンサーサイト



ランキングを楽しみにして頑張っています♪
よろしければ1日1回応援クリックお願いします☆

くつろぐ 人気Blogランキング にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 人気ブログランキング



関連広告

【2007/04/11 23:51】 | チェックニュース | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<えっ?本当?1型糖尿病って治る可能性あるの? | ホーム | 傷ついた網膜を薬で再生 動物細胞で実験、理研>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/05/24 22:23】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://med4.blog62.fc2.com/tb.php/242-e3752888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
厚生年金
突然のトラックバック申し訳ありません。厚生年金情報を発信しています。宜しくお願い致します。 厚生年金【2007/04/12 12:18】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。